知っトレ!

あなたが気になるトレンド情報をご提供!

ニュース

萱原茂樹(パワハラ水泳コーチ)の現在とその後の処分はどうなった?〈不服申し立て〉

投稿日:

元競泳日本代表コーチの萱原茂樹氏が、選手に対するパワハラ疑惑が問題になりましたね。

日本水泳連盟は萱原氏に対し「3年間の資格停止処分」を下しましたが、

これに対し萱原氏が第三者委員会に【不服申し立て】を申請。

その後の処分はどうなったのでしょうか。

そこで今回は「萱原茂樹(パワハラ水泳コーチ)の現在とその後の処分はどうなった?〈不服申し立て〉」と題して、

萱原氏の処分について詳しく把握していない方のために、同コーチの不服申し立て後の調査の進展に関して記事にいたしました。

萱原茂樹(パワハラ水泳コーチ)の現在とその後の処分はどうなった?〈不服申し立て〉

萱原氏の現在については表立った情報は見受けられません。

また、パワハラ問題に関しては、

3年間の資格停止処分が確定して現在も謹慎中です。

日本水泳連盟が萱原氏に対し、

3年間のコーチ資格停止処分を下したのが2019年3月のこと。

これに対し萱原氏が第三者委員会に【不服申し立て】を申請しましたが、

再調査の結果、改めて萱原氏のパワハラが認定され、

3年間の資格停止処分が確定したのです。

…ん? ちょっとまって、萱原氏の処分ってまだ確定してないんじゃないの??

と思われるかもしれませんが、それは誤解なのです。

5月28日に3年間の資格停止処分が確定していた

多くのメディアが4月の段階で『日本代表コーチの萱原茂樹氏が資格停止処分』との見出しで

この問題を報じたため、この時点で萱原氏の処分は"確定"したと捉えてしまう方も見受けられました。

しかし、実際には萱原氏はこの下された処分に対し【不服申し立て】を申請したため、

この時点では処分が確定したわけではありませんでした。

教え子へのパワハラや暴言などがあったとして、日本水連が競泳日本代表のコーチを務めた経験もある萱原茂樹氏(45)に3年間のコーチ資格停止処分を下した。3月に処分を決めたが、萱原氏側が不服申し立てを申請。第三者委員会で調査中のため、処分は確定していない。

毎日新聞2019年4月24日の記事より

そのため、調査の結果次第では処分が変わる可能性もあり得ました。

おそらくこの記事を読み進めている方は、この段階の情報まで把握していることでしょう。

しかし、この不服申し立てに対し、第三者委員会が再調査を行い、5月28日に改めて萱原氏のパワハラを認定したのです。

日本水泳連盟は28日、選手にパワハラ行為を働いたとして元日本代表コーチの萱原茂樹氏に科した3年間の資格停止処分が確定したことを明らかにした。3月に処分を決めたが、同コーチが異議を申し立てたため、第三者委員会が再調査を行い、改めてパワハラを認定した。

朝日新聞デジタル5月29日の記事より

そのため萱原氏は現在謹慎期間中です。

しかし、萱原茂樹氏に関してネットで検索すると、不服申し立てをした時点での記事が上位に見受けられるため、

未だ萱原氏の処分が確定していないと誤解してしまう場合があるというわけです。

まとめ

今回は「萱原茂樹(パワハラ水泳コーチ)の現在とその後の処分はどうなった?〈不服申し立て〉」と題して、

萱原氏の処分について詳しく把握していない方のために、同コーチの不服申し立て後の調査の進展に関して記事にいたしました。

萱原氏は処分に対し不服申し立てを申請しましたが、

再調査の結果、改めてパワハラが認定され、

3年間の資格停止処分が確定し、現在謹慎中です。

当然、この謹慎には2020年東京オリンピック開催期間も含まれています。

コーチとして復帰した際には、同じ行いをしないよう勤めて欲しいものですね。

以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

-ニュース

Copyright© 知っトレ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.