知っトレ!

あなたが気になるトレンド情報をご提供!

「仕事中に髭を抜く癖がある男性とは〇〇したくない。」

嫌われる前に…

働く女性の本音をみる

ニュース

かんぽ生命と日本郵便の営業(勧誘)自粛は意味がある?自粛期間は8月末まで

投稿日:

かんぽ生命保険の不正販売が発覚しました。

これを受け、かんぽ生命と日本郵便は"訪問や電話"での営業(勧誘)を自粛する運びとなりましたが…

この自粛は、営業再開後の運営方針になんらかの変化をもたらすのでしょうか。

そこで今回は「かんぽ生命と日本郵便の営業(勧誘)自粛は意味がある?自粛期間は8月末まで」と題して、

かんぽ生命保険の営業自粛には意味があるのか探ってみました。

かんぽ生命と日本郵便の営業(勧誘)自粛は意味がある?

不正が発覚したからには自粛するのは当然です。

たくさんの顧客をかかえているので、サービスの停止に踏み込むのは不可能だとしても、

営業や勧誘の自粛を行い、今後の運営方針を正すことに努めるべきだと思います。

しかし、

今回の営業自粛にはなんの意味もない

と指摘する意見が数多く見受けられるのが事実です。

今回のかんぽ生命保険の問題に関してはさまざまな意見が飛び交っていますが、

営業自粛について特に目につく意見が2点ほどあります。

まず1つが『こんなの"自粛"とは言わない』ということ。

かんぽ生命保険の不正販売発覚後の処置として、

"積極的な勧誘をしないよう日本郵便の副社長が社内に指示した”とあります。

この日本郵便の副社長の言葉に対しネットでは

積極的には営業しないってだけで、客から言われた事にして売る姿が容易に想像できる。

との意見が。

そもそも『積極的な勧誘をしないよう』という言い方は曖昧ですよね。

しかも勧誘に曖昧な制限をかけるだけで、勧誘自体は続けるということです。

これでは完全な自粛とは呼べないでしょう。

もう1つが『自粛期間を8月末までに設定している』点。

この自粛期間は誰の意見で決めたのでしょう?

…そう、かんぽ生命と日本郵便です。"自粛"なので当然と言えば当然ですが…。

これについてネットでは

9月からなにが変わるの?ほとぼりが冷めるのを待つだけかな
勧誘再開の日程よりも抜本的な再発防止策を早く策定して発表するべき。

との意見が。

ただ"自粛"するだけでは問題解決には至らないですよね。

自粛期間中に運営を見直しすることが求められるわけですが、その様子が伺えないとの指摘を多いです。

この自粛期間を8月末までに設定したことになにか論理的な考えがあれば納得するのですが…。

以上のことから、今回の営業自粛は意味がないと判断する意見が目立ちますね。

"訪問や電話"での営業(勧誘)をしないよう指示

日本郵便の副社長は社内に『積極的な勧誘をしないよう』指示したとされていますが、

その内容は『訪問や電話』での勧誘をしないようにするというもののようですね。

つまり、今回の"自粛"とは

8月末まで訪問や電話での勧誘をしない

ということになります。

ということは、向こうから訪れた場合には"勧誘"してもOKということです。

しかも『積極的』って、持ちかける側と受け取る側によってさじ加減が違いますよね。

つまり状況によってどうとでも言い逃れができるということ。

やはり今回の自粛内容は曖昧です。日本語を上手に使って販売を継続させる方針って感じですかね。

まとめ

今回は「かんぽ生命と日本郵便の営業(勧誘)自粛は意味がある?自粛期間は8月末まで」と題して、

かんぽ生命保険の営業自粛には意味があるのか探ってみました。

今回のかんぽ生命保険の問題に関してはさまざまな意見が飛び交っていますが、

営業自粛についてはなんの解決にもならないと見て取れます。

そもそも自粛内容が曖昧で、根本的な問題解決には至らないと想定する意見が多いです。

9月から本格的に営業を再開する見通しのようですが、

やはり不正販売がなくなることはないのでしょうか…。

顧客や社員の方達のためにも、運営側はぜひとも問題解決に真摯に向き合っていただきたいものですね。

以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

-ニュース

Copyright© 知っトレ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.