知っトレ!

あなたが気になるトレンド情報をご提供!

「仕事中に髭を抜く癖がある男性とは〇〇したくない。」

嫌われる前に…

働く女性の本音をみる

スポーツ

【動画】張本智和が治療タイム!右手薬指の痛みと症状は大丈夫なのか

投稿日:

卓球

2019年4月7日、横浜文化体育館にて「卓球・アジア杯」の最終戦が行われた。

男子の3位決定戦では、張本智和(15)と丹羽孝希(24)の試合が行われたが…

この試合中に、張本智和が右手薬指の痛み感じ、自ら審判に治療タイムを要求するといった場面があった。

21日からは世界選手権(ハンガリー)が控えている。張本の状態が心配だ。

実際の治療タイムの動画がこれだ

張本は4ゲーム目を落として1-3とされたところで、自ら審判に歩み寄り、治療のタイムを要求している。

(↓動画をクリックすると治療タイムの場面から再生されます)

ドクターと倉嶋洋介監督が張本の元に集まり、右手薬指の安否を確認。

張本はあまり表情を動かさないが、僅かな目元の動きで、焦りや不安が読み取れる。

試合に支障をきたすほどの痛みであることは間違いなさそうだ。

張本の右手の症状は大丈夫なのか。不安視する声も。

張本は治療タイムの後も、何度か右手を気にする仕草をしている。

外傷がない状態での治療タイムは、卓球では珍しい。それもあり、張本の右手の症状を不安視する声が多い。

張本は、試合で緊張するとラケットを強く握ってしまうクセがあるのだという。右手薬指の痛みの原因は間違いなくこれだろう。この先の卓球人生のことを考えると、卓球の技術を伸ばすトレーニングだけでなく、ラケットを強く握ってしまうクセを直すトレーニングも加味しなくてはならない。

右手薬指の痛みが、もし慢性的な痛みであるのなら、選手生命にかかわる一大事だ。

しっかり医師の診断を受け、治療に専念してほしいと願うファンも多い。

張本は、世界選手権に3種目出場する予定。「絶対に出て全力プレーをしたい」と意気込みを表しが、残念ながら体の故障は気持ちだけでどうにかなるものではない。

15歳の少年には、厳しい現実かもしれないが、長期的な治療も視野に入れるべきだ。まだ若いのだから尚更のこと。

最終目標はオリンピックでの金メダルのはずだ。それをよく考え、自身が納得する判断をしてほしいところ。

いや、本人がやる気でも、ドクターストップがかかる可能性は十分にある。

果たして、21日からの世界選手権(ハンガリー)に、張本の姿はあるのだろうか。

-スポーツ

Copyright© 知っトレ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.