知っトレ!

あなたが気になるトレンド情報をご提供!

暮らし

10連休でも小売店や飲食業は休めない!むしろ忙しくなるからいらないとの声多数!

投稿日:

悩む男性シルエット

今年のGW(ゴールデンウイーク)は10連休。この記事を書いているのは13日なので、そのときまで2週間を切ったわけだ。

学生やサラリーマンは、今からGWが待ち遠しいに違いない。世間では「逆に休みが多くてやることがない」という意見や、非正規雇用の方は「給料が減るので生活面が心配」などと言っているが…

まぁなんにせよ、休みが多いに越したことはないではないか。いろいろな意見があるが、10連休自体は決して悪いことではない。そりゃ三度の飯より働くことが大好って人は話が別かもしれないが…

とにかく、各々のGWの過ごし方で、ゆっくり羽を伸ばすなり体を休めるなりしてほしいと思う。

しかし…そんなことが叶わない人たちもいる。そう、小売店や飲食業で働く人たちだ。

彼らは、GW中に世間が10日間の大型連休をとっている間、嫌でも働かなくてはならない。

そういう人たちの前で、「10日も休みはいらない」なんて贅沢なことを安易に口にするのはどうかと思う。

そもそも、GWは、サービス業に関わっている人たちのお陰で楽しいものになると言っても過言ではないのだから。

小売店や飲食業は10連休だからこそ休めない

小売店や飲食業…いわゆるサービス業は、土曜日、日曜日、祝日には基本的に店を閉めることはできない。(基本的に365日稼働だから平日も閉められないが…)

なぜなら、顧客が大勢やってくるからだ。だからGWの10日間こそ店を閉められない。つまり、土日祝日に出勤を強いられる販売員は多い。

よく、アルバイトの募集欄で『土日出られるかた歓迎♪』とあるくらいだ。

つまりだ…サービス業で働いている彼らには10連休なんてものは存在しない。(アルバイトは無理言って休めるかもしれないが…)

彼らからすれば「GW(ゴールデンウイーク)ってなに?」って感じなのだ。いったい何がゴールデンなのか…そう思っている販売員は大勢いる。

まぁ…経営者は売上が見込めるのでゴールデンかもしれないが…販売員はそうでもない。

GW期間中だけ貰える給料が増えれば話しは別だが、そんな企業は今の時代ほとんどないだろう。

世間は10連休を目前にしてはしゃいでいるが、サービス業で働いている方たちにそんな連休はない。

当たり前のことだが、バイトをしたことがない学生や、暦通りの休みで働いている会社員は、そのことを忘れがちだ。

GW(ゴールデンウイーク)期間中は逆に忙しい

ショッピングモール

サービス業で働く人はGW期間中こそ忙しい…

サービス業の販売員は、GW期間中に満足に休めないばかりか、逆に鬼のように忙しくなる。

学生や会社員が休みのときほど大勢の客が訪れるので、当然といえば当然だ。まさに店は書き入れ時。店内は客でごった返す。

地方のスーパーなんかはGWの中日(なかび)は逆に暇になるというパターンがあるが、レジャー施設なんかで働いている人は大忙しだろう。

接客業は想像以上の神経をつかう。そのストレスは膨大だ。ただでだえ大変なのに、GW期間中はそれが増す。

世間はいまからGWが待ちきれずソワソワしているのに対し、サービス業で働く人は逆にいまから気が重いという人が多い。

筆者も長年販売業に携わっていたから、その気持ちは痛いほどよくわかる。

いくら忙しいからと言って、GW期間中は10連休ならぬ”10連なんて人が出ないことを祈りたい…。

サービス業に携わる人にも10連休を…

GW期間中に出掛けるかたは、10連休を楽しめるのは、その期間中に休みなく働いている方たちのお陰だということを忘れてはならない。

もちろん、連休中にたくさんの利用客が訪れて収益が上がるからこそ、彼らの給料が保証されているいう事実もある。

持ちつ持たれつといったところか。

しかし、そんなサービス業で働いている彼らに10連休はないという事実は動かない。

これには「不公平」と思っている人も決して少なくはない。

GWはGWに働いている人がいるからこそ成り立っている。プレミアムフライデーだってそうだ。そのことを忘れてはならない。

政府にはその点も考慮し、なにか対策を練ってもらいたいものだ。

「仕事中に髭を抜く癖がある男性とは〇〇したくない。」

嫌われる前に…

働く女性の本音をみる

-暮らし

Copyright© 知っトレ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.