知っトレ!

あなたが気になるトレンド情報をご提供!

芸能

GENKINGの右腕のタトゥーはなんて書いてあった?消した文字の意味や和訳を調査!

投稿日:

タレントのGENKING(ゲンキング)さんが15日、

腕のタトゥーを消したことを自身のブログで明かしました。

GENKINGさん本人は「今の技術は凄いよね 綺麗に消えて良かった」と語っています。

なんでもGENKINGさんは、大人になるにつれて考えが変わったのでタトゥーを消す決意をしたとのことですが…

GENKINGさんのタトゥーにはなんていう文字が入れられていたのかが気になります。

そこで今回は「GENKINGの右腕のタトゥーはなんて書いてあった?消した文字の意味や和訳を調査!」と題して、

GENKINGさんが消したタトゥーにはなんて書いてあったのか調べてみました。

GENKINGの右腕のタトゥーはなんて書いてあった?消した文字の意味や和訳を調査!

GENKINGさんのタトゥーにはなんていう文字が入れられていたのでしょうか。

綺麗に消されたとのことなので、もう二度と見ることが出来ない今だからこそ、

GENKINGさんの右腕に入れられていたタトゥーの文字や意味が気になるものです。

調べてみたところ、GENKINGさんの右腕に入れられていたタトゥーには英語の筆記体で

『I want back down』

と記されていたようです。

これを訳してみると、

『決して諦めない』

的な意味合いになるかと。

何か深い信念のようなものを感じさせる文面ですね。

ココがポイント

GENKINGさんの右腕に入れられていたタトゥーは英語の筆記体で『I want back down』

『決して諦めない』という意味合いで、GENKINGさんの強い信念を感じさせますね。

GENKINGが右腕に『I want back down』という文字を入れた意味とは

GENKINGさんがタトゥーを入れた理由については、本人が以下のように語っておられます。

「ファッション感覚や、カミングアウトする前に虐めらたり、なめられたくなくて、自分を強くみせたり、格好つける為に入れた」

その理由と『I want back down』という言葉の意味を照らし合わせると、

自分自身を奮い立たせるために、右腕にタトゥーを入れたと考えられますね。

タトゥーというのは、ファッションやオシャレの一部だと捉えている人もいますが、

GENKINGさんのように、自分の意思を確固たるものとし、

信念を貫き通すためにタトゥーを入れる人もいるということですね。

そう考えると、タトゥーって奥が深いものだと思います。

自分の体に文字が柄が刻まれるわけですからね。

いわば自分自身の思いや信念を体に刻むということ。

…感慨深いですね。

ココがポイント

タトゥーは自分の信念を己の体に刻む非常に感慨深いものという捉え方もできますね!

タトゥーはただのデザインではない!

まとめ

今回は「GENKINGの右腕のタトゥーはなんて書いてあった?消した文字の意味や和訳を調査!」と題して、

GENKINGさんが消したタトゥーにはなんて書いてあったのか調べてみました。

GENKINGさんの右腕のタトゥーは英語の筆記体で

『I want back down』という文字が入れらていたようです。

これは『決して諦めない』という意味合いで、GENKINGさんの強い信念を感じさせますね。

タトゥーはただのデザイン的なものではないということを学びました。

タトゥーは奥深いものだったのですね。

ちなみに余談ですが、GENKINGさん曰く、

タトゥーは入れるより消すときの方が何倍も痛いみたいです(^^;

タトゥーを入れていて、消そうと思っている方は参考までに。

以上です!最後までご覧いただきありがとうございました!

「仕事中に髭を抜く癖がある男性とは〇〇したくない。」

嫌われる前に…

働く女性の本音をみる

-芸能

Copyright© 知っトレ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.