知っトレ!

あなたが気になるトレンド情報をご提供!

「仕事中に髭を抜く癖がある男性とは〇〇したくない。」

嫌われる前に…

働く女性の本音をみる

経済

サークルKサンクスの中古ドメインを買った(取った)人はどんなサイトを作るの?

投稿日:

サンクス

サークルKサンクスが失効したドメインがお名前ドットコムにて

2019年6月1日から18日までの期間でオークションにかけられていることが話題となっています。

現在の入札価格は50万円を超えているとのこと。

もしサークルKサンクスの中古ドメインを取得したら、買った人はそのドメインでどんなサイトを作るのか…

なんてことが気になりますよね。

そこで今回は「サークルKサンクスの中古ドメインを買った(取った)人はどんなサイトを作るの?」と題して、

サークルKサンクスの中古ドメインでどのようなサイトが作られるのか予想してみました。

サークルKサンクスの中古ドメインを買った(取った)人はどんなサイトを作るの?

サークルKサンクスの中古ドメインを取得したら、

その人はいったいどんなサイトを作るのでしょうか。

中古ドメインの利用目的は多々ありますが、

一般的にペナルティを受けていなく、アクセスの多かった良質な中古ドメインは、

メインサイトとして資産化を図る目的で運用するのが望ましいと考えられます。

また、様々な概念の兼ね合いがありますが、基本的に中古ドメインを使ってサイトを運用する場合は、

元のサイトの同じ業種(同ジャンル)のサイトを作るのが望ましいという意見があります。

なので、安易に思いつくのは、食料品や日用品に関するサイト運営などが挙げられますが…

それはあくまでサークルKサンクスの中古ドメインを購入する人が良心的な人だった場合の話し。

憶測ではありますが、その可能性は極めて低いと思われます(^^;

その理由は以下で説明いたします。

サークルKサンクスの中古ドメインに50万円以上の価値はあるか?

現在、サークルKサンクスの中古ドメインへの入札額は50万円を超えている状況です。

お名前ドットコムは「SEO対策に効果的」と題して、

サークルKサンクスの中古ドメインをオークションにかけているのですが…

果たしてサークルKサンクスの中古ドメインに50万円以上の価値はあるのでしょうか?

答えは、優良サイトを運営する目的での購入の場合は"NO"と言えるでしょう。

コンビニと同じ業種(同ジャンル)でのサイト運営となると、マネタイズが難しいような気がします。
(やりようはいくらでもあるっちゃありますが…)

そう考えると、何十万という高額なお金をかけて手に入れるにしては、ちょいとばかり高すぎる気がします。

しかし、悪質な運営目的なら話は変わります。

仮に、サークルKサンクスのドメインを使ってファミマを騙ってしまえば…

これ以上は言わずもがなですね(^^;

被害に遭う人も一定数出てくるわけです。

そういった運用目的であれば、50万円なんてお金はすぐにバックしてくるのかもしれませんね。

絶対にしちゃいけない運用方法ですがね。

まとめ

今回は「サークルKサンクスの中古ドメインを買った(取った)人はどんなサイトを作るの?」と題して、

サークルKサンクスの中古ドメインでどのようなサイトが作られるのか予想してみました。

サークルKサンクスの中古ドメインを取得する人が良心的な方なら、

コンビニに近い業種(ジャンル)のサイト作りをする可能性があります。

…が、悪質なサイト運営者だった場合は、少しばかり面倒なことになりそうです。

しかし、よくもまぁサークルKサンクスの中古ドメインを手放しましたよね。

ファミマの凡ミスもいいところです。

サイトを放置したとしても、ドメイン代だけ払っていれば無駄な被害に遭わなくて済むのに…

ドメイン維持代もファミマからしてみれば大した金額にはなりませんし。

サークルKサンクスの中古ドメインを巡り、今後どのような展開になるのかは興味深いですね。

ぜひ、良心的な方がサークルKサンクスの中古ドメインを買い取ってほしいものです。

以上です!最後までご覧いただきありがとうございました!

-経済

Copyright© 知っトレ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.