知っトレ!

あなたが気になるトレンド情報をご提供!

「仕事中に髭を抜く癖がある男性とは〇〇したくない。」

嫌われる前に…

働く女性の本音をみる

経済

キャッシュレスだけになってしまう?現金払いは将来的になくなるのか

投稿日:

キャッシュレス

クレジットカード、Suica、ナナコ、WAON、paypay…

近年では現金を必要としない、いわゆる「キャッシュレス決算」の需要が増えている。

そのため日本国内では、現金を一切持ち歩かないという人が徐々に見受けられるようになってきた。

それに伴い、各小売店も、クレジットカード決算はもとより、電子マネーやスマホ決算に対応する店舗も増加傾向にある。

キャッシュレス決算は便利なものだ。お財布が小銭でパンパンになることがなカバンの中がスマートになる。また、各社ポイントサービスも充実しており、節約にも大きく貢献することになる。

時代はキャッシュレスと言っても過言ではないのかもしれない。数年後には、「まだ現金なんか持ち歩いているの?」と言われる日がくるかもしれない。

しかしだ。

いくらキャッシュレス化が進んだとしても、現金払いの需要というものもあるのは確かだ。

高齢者はキャッシュレス化に疎く、急激な時代の変化に対応できない場合が多い。

また、年齢関係なく、現金派という人は一定数いる。キャッシュレス化が便利でお得だということはわかっている。けど、現金を持っていた方が何かあったときに安心。

たとえ合理的ではなくとも、キャッシュレス化を望ましく思わない人は、この先も存在し続けるだろう。

つまり、キャッシュレス化は便利だとは言え、現金払いがなくなるのは困るという人もいるというわけだ。

そんな人は、現代のキャッシュレス化の時代背景を見てこう思っているはずだ。

「現金払いができない時代は近い将来やってくるのか?」

今回の記事では、そんな現金払い派の方達の不安を紐解いていこう。

日本ではキャッシュレスしかない時代など来ない

キャッシュレスのみの時代はこない

結論からいうと、日本ではキャッシュレスしかない…つまり、現金払いができない時代などこないと言える。

その理由は大きく分けて以下の3点にある。

  1. 店側が手数料を取られる(導入コストが高い)
  2. 種類が多すぎてユーザー視点に立っていない
  3. 日本には現金の便利さがある

順に説明していこう。

1.店側が莫大な手数料を取られる(導入コストが高い)

クレジットカードや電子マネー決算(総じてキャッシュレス決算)を導入すると、利便性を提供できるので客足が伸びる。しかし、それは店側にとっては、単に喜ばしいことではない。

なぜなら、キャッシュレス決算での売上げ(お会計)分は、クレジットカード会社や電子マネー会社に数パーセントの手数料が取られる仕組みになっているからだ。

『我社のキャッシュレス決算を導入すれば客足を伸ばせますよ。その代わり、売上げの〇パーセントを手数料としてもらいますよ。』

という仕組みで、キャッシュレス決算は成り立っている。これは年間…いや、月間で数えるだけでも相当な額の手数料がお店の利益から引かれることになる。

つまり正直なところ、店側は現金払いをしてくれた方が、利益になるので助かるのだ。

実際に、キャッシュレス決算を導入しているが、あまりに現金払いをする客が少ないと、眉間にシワを寄せる店主が多いという事実がある。

客足を伸ばすためにキャッシュレス決算を導入するけど、実際は現金払いをして欲しい…しかし、現金払いのみにしてしまうと、利用客が逃げていく可能性がある… そんなもどかしい現状が、キャッシュレス決算には潜んでいる。

しかも、クレジットカードや電子マネー決算専用の端末は、1つに付き10万~20万円もの初期設置費用がかかる。つまり、レジが2台あれば、かかる費用は単純に倍になる。こちらのコストも相当なものだ。

キャッシュレス決算のみを可能として現金払いができないシステムで店を経営するには、莫大な利益率が必要となる。

このことから、日本全国にあるすべての店舗で現金払いができない状況になるなど、到底ありえないことだとわかる。

2.種類が多すぎてユーザー視点に立っていない

現在、日本には一体いくつのクレジットカード会社が存在するのだろう。1つのクレジットカード会社にしたって、いくつもの種類がある。また、交通系の電子マネーだけでも、10種類ほど存在する。

それぞれ異なる利点があり、何を使えば一番お得なのか、はっきり言って非常にわかりづらいシステムとなっている。年会費がかかるものもあるので、利用状況によっては、下手したら損をするものも存在する。

実はこのサービス数過多の現状が、日本のキャッシュレスシステムの弊害となっている。

他国との比較を例に説明しよう。現在スウェーデンでは「Swish(スウィッシュ)」というスマホ決算システムが普及している。なんと、スウェーデン国民の半数以上がこのSwishを利用しているとのことだから驚きである。

その理由は、スウェーデンの主要銀行6社が共同でSwishを運営しているという大きな利点があるからだ。

市場がでかく、信頼のおけるシステムを国民の大多数が利用するのは当然。そして、店側はSwishの端末のみを設置すれば事足りのでコストを抑えられる。

非常にシンプルでわかりやすく、全員が得をするシステムと言ってもいい。

しかし日本ではどうだろうか。

電子マネー市場を勝ち取ろうと数々の企業が競争し合うがゆえ、客側も店側も困惑する始末。

この記事を読んでいる現金派のあなたも考えてみてほしい。

もし、日本にあるキャッシュレス決算システムがたった1つだけだとして、それが現金払いより確実にお得なのであれば、あなたもキャッシュレス派に移行してもいいという気にならないだろうか?

日本にはクレジットカードや電子マネー決算サービスの種類がありすぎる。それはつまり、ユーザー視点に立っていないということ。

そんなことでは、他国のように、過半数以上の国民にキャッシュレス化を促進することはできないと捉えることができる。

3.日本には現金の便利さがある

これを説明するのにも、やはり他国との比較を例にするとわかりやすい。

ヨーロッパでは、ATMからお金をおろすときに、ほぼ確実に手数料が取られるのをご存知だろうか。場合によっては預けるだけで手数料が取られることもある。そのようなシステムでは、キャッシュレス化が進むのは必然と言える。

しかし、日本ではほとんどの場合において、銀行が手数料を被ってくれる。むしろそうしなければ、すぐに他の銀行に乗り換えられてしまう。ただでさえ利率が低いのに、無闇に手数料が取られる銀行を利用する日本人などいない。

近年では当然のようにコンビニにもATMが設置されている。条件付きではあるが、コンビニATM手数料が無料の銀行も珍しくない。

つまり。われわれ日本人は簡単に無料でお金をおろしたり預けたりすることができるのだ。

キャッシュレス化を進ませたい時代背景はわかるが、現金にも利便性を残す方向性が見えるのは中途半端だと言える。

無理に現金を不便なものにしてくれと言うわけではないが、この優柔不断さが、キャッシュレス化の弊害となっているのは間違いない。

キャッシュレスか現金か、自分の好きな方を選べばよい

スマホと財布

キャッシュレスと現金どっちでも問題ない

どれだけ時代が進もうが、日本で現金払いがなくなるなんてことはないと言える。

もちろん、キャッシュレス決算の利便性が向上していく可能性はある。しかし、現金派のあなたは、無理に時代に流される必要はない。

この先キャッシュレス化が進み、「まだ現金なんか持ち歩いてるの?」と言われたとしたら、この記事に書いてあることを参考に、自分の意見を貫いてみてほしい。

キャッシュレス化が進んでいるというニュースを目にする機会が多いが、何も気にすることはない。

日本では現金の需要が尽きることはないし、自分で稼いだお金はどう使おうが本人の勝手であるのだから。

-経済

Copyright© 知っトレ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.